2006年11月14日

役立たず

秋田男児殺害、市福祉事務所が「虐待」対策講じず

秋田県大仙市の保育園児進藤諒介(りょうすけ)ちゃん(4)殺害事件で、13日に殺人容疑で逮捕された母親の進藤美香容疑者(31)が2年前、諒介ちゃんに対する虐待から、県中央福祉事務所に一時引き離されていたことが分かった。

 死亡した諒介ちゃんのほお付近には古い皮下出血の跡も確認されており、県警では虐待の経緯について詳しく調べている。

 一方、県中央福祉事務所から虐待の申し送りを受けた同県潟上市と大仙市の両福祉事務所は、民生委員などからの情報をもとに「落ち着いている」などと判断して、具体的な対策を講じていなかった。

 進藤容疑者は2004年7月23日、当時の夫から暴力を受け、県中央福祉事務所に相談して、母子一緒に保護された。しかし、進藤容疑者が数日後、保護施設内で、諒介ちゃんを殴ったり、睡眠薬を飲ませようとしたりしたため、別々の部屋に引き離した。県中央福祉事務所は県中央児童相談所に「虐待」と通報もした。


ほんっとに、児童相談所って
役に立たないのね〜〜〜〜

税金泥棒って言われたって仕方ないよね。 
ラベル:虐待
posted by magneto at 09:16| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのう、諒されたみたい…
一方秋田にmagnetoと男児へ虐待したかったの♪
Posted by BlogPetのぱんちゃん at 2006年11月24日 16:58
きのうはmagnetoと介したいです。
一方magnetoで殺人みたいな諒したいなぁ。
しかしmagnetoが大仙にmagnetoで施設したかもー。
しかし大仙に殺害しなかったよ。
しかしmagnetoで、介したかった。
しかし秋田までmagnetoと秋田へ福祉みたいな虐待したかったみたい。
しかし秋田までmagnetoの睡眠薬へ対策したかも。
しかしmagnetoと中央に殺害したいです。
Posted by BlogPetのぱんちゃん at 2006年12月01日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。