2006年08月02日

亀田?

19歳・亀田興毅、微妙な判定で王座奪取−WBAライトフライ級王座決定戦

WBAライトフライ級王座決定戦12回戦は2日、横浜市の横浜アリーナで行われ、注目の19歳・亀田興毅(協栄)がフアン・ランダエタ(ベネズエラ)に2−1の微妙な判定で勝ち、チャンピオンの座に就いた。10代での世界タイトル獲得は、ファイティング原田、井岡弘樹に次いで日本勢史上3人目。


プロデビュー当時から『亀田三兄弟』の長男として知られ、大胆不敵な言動もあって高い人気を誇ってきた。会場に詰め掛けた超満員の1万5000人が熱い視線を送る中、世界戦初挑戦で辛勝した。

亀田はデビュー以来12戦全勝(10KO)。19歳8カ月での世界王座獲得となり、原田の19歳6カ月に次いで日本人としては史上3位の若さとなる。同1位は井岡の18歳9カ月。

亀田は1回終了間際に右フックを浴びてデビュー以来初めてのダウンを喫したが、粘り強く踏ん張った。後半は相手をロープに追い詰める場面もあった。3人のジャッジのうち1人が2点差、もう1人が1点差で亀田を支持し、残る1人は3点差でランダエタの勝ちとするきわどい判定。12ラウンド中8ラウンドでジャッジの採点が分かれた。


あーあ、やっちゃったねぇ。
私みたいな素人が見ても、それおかしいだろ。って思う様な結果になっちゃたねぇ。

う〜ん、こんなんで良いの?ボクシング界。
金を稼げるから良いのか?
なんか本人に少しだけ同情するなぁ。
周りの父親含めたオトナ達に良いようにされてる感。

まぁ、どうでもいいかw
元々嫌いだし。

ラベル:亀田 八百長
posted by magneto at 23:48| ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうぱんちゃんが世界を終了するはずだったみたい。
Posted by BlogPetのぱんちゃん at 2006年08月06日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

亀田の試合☆YouTube と ちょっと怖い関係
Excerpt: TBS 亀田 英五郎 レコード大賞 審判 全てがおかしいよね
Weblog: ブログに必要な資料がたくさん☆
Tracked: 2006-08-03 02:19

亀田興毅 辛勝
Excerpt: 興毅“不可解判定”で世界奪取 (スポーツニッポン) - goo ニュース 昨日横浜アリーナでWBAライトフライ級の王座決定戦が行われた 亀田兄弟の長男興毅の挑戦と言うことで爺も仕事のやり繰りして7時..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-08-03 09:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。