2005年12月06日

守るということ

相次いで起こった、幼女の殺人事件。
居たたまれない。
なぜ、何の罪もない小学1年の女の子が立て続けに殺されなければならないのでしょうか。

この子達を守れなかったのだろうか。
なぜ守ることが出来なかったのか。
栃木の事件では、広島の事件の直後だった。

あんな人気のない鬱蒼とした林の小道を通っていかなけれないけなかった女の子。
なぜもっと、自分事として考えてあげなかったのか。
きっと大人でも、ちょっと寂しげで早足で通り過ぎたいと思うような場所だったのに。
殆ど抵抗も出来ない小さな女の子がひとりで歩いているなんて
襲って下さいといわんばかりなのではないか。

きっと、変なヤツは昔からいるんでしょう。
小さい子を狙っていたずら等目的にしているってヤツは。

でも今は情報網が発達して、どこでどんな事件があるかすぐ解る。
まして、今の世の中はもっと犯罪を犯しやすくなっているのじゃないかと思う。
情報というのは守る側だけじゃなくて、犯罪を犯す側にも
色んな情報が入ってくるということ。
余計色んなことを考えているやつが出てくるのだ。

子供を守りたいなら、自分が出来ることを最大限してあげないと
今の世の中では無理だと思う。
学校に任せたりするのは身勝手なんじゃないのか。
本当はリタイアなどして時間に余裕のある方達が、
地域で通学路になっているところなどで、子供達の見張りを
して頂けたら、一番良いんだろうけどそうはいかない。
冬は寒くてお年寄りにはキツイだろうし。

やっぱりスクールバスを導入するしか無いんじゃないかと思う。
月々たとえ2000円くらいの負担になったとしたって
自分の子供の命と引き替えくらい思えば大した値段では無いと思う。
きっと賛否色々あると思う。
親が送り迎えを出来れば一番だろう。
出来る親と出来ない(しない)親が出てくるんだろうから
やっぱりスクールバスが今一番良い方法なんじゃないだろうか。

行政は考えてほしいところです。
是非、導入して下さい。
決して人ごとではありません。
たまたま自分の子ではなかったというだけ。
posted by magneto at 16:03| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょう広島で、自分とか通学した。
Posted by BlogPetのぱんちゃん at 2005年12月07日 14:58
きのう、子とかいたずらしたかった。
Posted by BlogPetのぱんちゃん at 2005年12月14日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

女児殺害事件に学ぶ
Excerpt: 「わたし」にできること 児童が誘拐および殺害される事件が相次ぐ中、子供を、いかに安全に学校に送り届け、また帰宅させるかが保護者の当面の切実な「課題」となってきた。監視カメラの設置、スクールバスの導入、..
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2005-12-08 21:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。